綺麗な歯で好印象?審美歯科治療で白い歯を保とう!

健康な歯が汚れる原因と対処法

人の歯は生涯を通して様々な飲食物に触れるため、次第に汚れがこびり付いてしまいます。また、タバコを吸う人も歯が汚れやすくなるため、虫歯などの疾患が無い人でも歯が変色して汚く見えてしまうことがあります。汚れた歯は他者に不潔な印象を与えてしまうことから、近年では歯を白く綺麗な状態に保つ審美治療を受ける人が増加しています。

茶渋やタバコのヤニなどの汚れは通常の歯磨きでは除去出来ないので、歯科医院での審美治療が有効な対処法になります。薬剤を塗布して歯を漂白するのが一般的な方法ですが、時間の経過に伴って薬剤の効果が無くなるので定期的な処置の繰り返しが必要です。また、個人の体質によっては薬剤の成分が合わないこともあるので、トラブルを避けるためには事前の検査が不可欠になります。

人工の歯を入れる審美治療の利点と注意点

綺麗な白い歯を維持する審美治療の中には、汚れた歯を抜き取って人工の歯を埋め込む方法もあります。人工の歯はコーティング加工が施されているので汚れが付着しにくく、常に白く綺麗な状態を保てるのが利点です。また、劣化しても新品に交換することで良好な状態を継続させることが出来ます。その反面、人工の歯の埋め込む治療は医療行為と見做されないので費用の全額を患者が負担することになります。また、健康な歯を抜き取ることで体調不良などの不具合が生じる可能性があることから、審美治療を受ける際は慎重に判断することが大切です。歯の汚れた部分を削り取った上に人工の被せ物を装着する方法もありますが、抜歯と同様に体への負担が大きい事を注意します。

セレックはコンピューターを用いて歯の詰め物を作成します。殆どの工程を機械で行なうため、人件費がかからず安価です。材質はセラミックで耐久性もあり、画期的な治療法として注目を集めています。