しわができないようにするために!二つの対策方法

乾燥対策と保湿ケアをしよう

しわが出来てしまうとなかなか消すことができないため、しわをできるだけできないようにしなければなりません。しわ対策の方法の基本としては肌を乾燥させずに十分に保湿させることが重要となります。保湿化粧品としては化粧水を使用しますが、化粧水は水分が多いため他の美容液や保湿クリームと併用して使用しなければ意味がありません。使い方としては、化粧水を最初に塗った後に少し時間を置き、その上からフタをするように美容液や保湿クリームを塗っていきます。これらを塗るタイミングとしては、肌が最も乾燥してしまうお風呂上りや洗顔後となります。また、普段使用している洗顔料やシャンプーなども洗浄力が強いものを使用してしまうと、こちらも乾燥の原因となってしまうため、これらを見直すことも重要となっていきます。

食事からしわを対策する方法

しわは外側からだけでなく、普段の食事を変えて内側から対策をすることもできます。摂取したほうが良い食材としては、コラーゲンが多く含まれる食べ物となります。コラーゲンは外側から吸収されにくい性質をもつため、食事から摂取することで肌のうるおいを保たせることができます。コラーゲンの多く含まれる食べ物としては、鶏皮や手羽先、スッポン、ふかひれ、大豆などが挙げられます。コラーゲンの他にも、コラーゲンが生成されるためにはビタミンCが必要不可欠となるため、こちらも摂取していかなければなりません。ビタミンCはコラーゲン生成だけではなく、メラニンを抑える働きもあるため、しわだけでなくシミにも高い効果があるとされています。ビタミンCが多く含まれる食材としては、ブロッコリーやピーマン、レモンやアセロラなどが挙げられます。

紙をくしゃくしゃにして広げてみたり、折り曲げたりするとできます。変顔をしたり、笑うとしわができます。