光脱毛とレーザー脱毛の特徴や効果

永久脱毛とは自己処理で行う脱毛と違って一度脱毛が完了したら二度と生えてくる事がなくなる脱毛の事です。施術が完了すれば生えてこないので、毛の処理をする負担から解放される事が一番のメリットです。永久脱毛にも種類があって主にクリニックで使用されているのはニードル脱毛とレーザー脱毛と光脱毛です。

ニードル脱毛は針に電流を流して毛穴を一本ずつ処理していく脱毛方法で脱毛効果は高いものの施術時に激しい痛みが伴うので、痛みに弱いという人には適していない脱毛方法です。

比較的痛みが少ないのはレーザー脱毛と光脱毛でこの二つの脱毛方法は似ていますが、レーザーは一点に集中して熱を集めて脱毛するのに対して光脱毛は広範囲に光をあてて脱毛します。

レーザー脱毛と光脱毛の比較

レーザー脱毛と光脱毛は仕組みは似ていますが、レーザー脱毛は医療用レーザーで行うので医師免許を持った人しか施術を行えません。一方で光脱毛は医師免許を持っていなくても施術ができるので、脱毛サロンでも使われています。

脱毛効果を比較するとレーザー脱毛の方が高いですが、光脱毛と比べるとレーザー脱毛はニードル脱毛ほどではないものの痛みを伴います。主にクリニックやサロンで使われている永久脱毛の方法では光脱毛が一番痛みが少ない代わりに脱毛効果が薄いので、完全に脱毛が終わるまでの施術回数が多くなる傾向があります。個人差はあるものの平均で10回以上の施術が必要になります。一方レーザー脱毛では5回前後の施術で脱毛が完了する人が多いです。

新宿の脱毛サロンは各路線の新宿駅周辺にあります。ですから平日の会社帰りに通勤途上のサロンに計画的に予約を入れて通うことが出来れば、時間を有意義に使うことができます。